チェス界の皇帝が将棋アマ初段を目指したら。

アクセスカウンタ

zoom RSS 詰将棋をやっている。

<<   作成日時 : 2017/07/19 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 表題のとおりなのだが、詰将棋をやっている。
 「実戦型」という言葉に飛びついて買ったのが「3・5・7手実戦型詰将棋(飯野健二七段著)」である。

 通勤カバンの中に入っており、暇があれば・・・というのは嘘で、なかなかカバンから取り出せない。
 というのは、一方で携帯の「詰将棋パラダイス(通称:詰めパラ)」をやっているからだ。

 やはり携帯(スマホ)でさくさくやる、というのは本よりも手軽だ。
 しかし、問題はやはり実戦力としてどこまで役に立つのか、という問題である。

 詰めパラの場合は、どうしても「詰将棋」というひとつのジャンルにおいて成り立っており、パズル的な要素をどうしても感じる。
 飯野七段の本を買ったのは、もともとそういうパズル的なものを避けたかったからに他ならないのだが・・・。

 ということで、地道に詰将棋をやっているのだが、即効性は無いだろう。
 現状、将棋ウォーズは伸び悩みだし、気長に考えようと思う。

 ついでといっては何だが、浦野七段が「ジャパネット浦野」と呼ばれるきっかけとなったニコニコ動画(詰将棋ハンドブックの販促?)を見た。確かにあれは買いたくなるね(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
詰将棋をやっている。 チェス界の皇帝が将棋アマ初段を目指したら。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる