アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「将棋本」のブログ記事

みんなの「将棋本」ブログ

タイトル 日 時
先手と後手
 チェスの経験上、将棋において違和感を持つものの一つが、先手と後手(白番と黒番)問題である。特に序盤定跡の話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/08/20 14:00
対局はちょっと控えて。
 今回将棋を始めて、最初に購入した本が「『次の一手』で覚える将棋基本手筋コレクション432」である。  チェスで言うなら、タクティクスの問題集といったところか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 23:22
詰将棋をやっている。
 表題のとおりなのだが、詰将棋をやっている。  「実戦型」という言葉に飛びついて買ったのが「3・5・7手実戦型詰将棋(飯野健二七段著)」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 22:48
初めて読んだ将棋本
 はっきり言うと、私は1971年生まれで、将棋を覚えたのはおそらく小学校に入るかどうかの頃だったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 00:10

トップへ | みんなの「将棋本」ブログ

チェス界の皇帝が将棋アマ初段を目指したら。 将棋本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる